講師に漆を使った和モダンなしつらえに定評のある中根多香子さん、漆について造詣が深く「ウルシスト®」として活動している加藤千晶さんをお迎えして、漆器のあるテーブルコーディネートのコツや重陽の節句の楽しみ方についてお話していただきました。

  • 日時:2019年9月7日(土)
  • 講師:中根多香子さん(YUI JAPAN 代表 / 漆芸プロデューサー / 箸文化大使)
    加藤千晶さん(FEEL J代表/ ウルシスト®)

テーブルコーディネートのテーマは「重陽の節句」。五節句の中ではあまり有名ではありませんが、陽数の一番大きな数字が重なる9月9日にあたり、旧暦では菊が咲く季節であることから「菊の節句」とも呼ばれています。菊に託して長寿と無病息災を願う大切な行事です。漆のしつらいを愛でながら、日本の五節句を豊かにコーディネートしました。
ワークショップでは、おもてなしにすぐに役立つ箸袋の折り方を学びました。

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

中根多香子
幼少時より和文化や輪島塗など日本の美意識のもとに育つ。JALにて要人接遇・国際線CAを経てYUI JAPAN設立。
”うるしのある麗しいくらし“をコンセプトに、心豊かな五感ライフスタイルを提案している。漆芸プロデュースをはじめマナー講座、お誂え、企画PRなど笑顔とおもてなしの心で多彩に活躍中。NPO法人ウルシネクスト・パートナーとしても活動中。
https://yuijapan.amebaownd.com

加藤千晶
欧米のラグジュアリーブランドで店舗運営、販売促進のマネージメントを経て、2013年10月に FEEL J を設立。
漆について造詣が深く、2016年より「ウルシスト®」として活動開始。漆文化を学ぶ「ウルシスト®講座」、「金継ぎサークル」、都会的なスタイルで木と漆のある暮らしを提案するブランド「FEEL J Style」など、人と漆を繋ぐキッカケづくりを展開している。日本の漆サポート活動「Act. CSU」発起人。NPO法人ウルシネクスト・パートナーとしても活動中。
https://www.feelj.jp